• HOME
  • BLOG
  • CAREER
  • 結婚願望のある女子必見!結婚資金の平均額と貯金額とは?

結婚願望のある女子必見!結婚資金の平均額と貯金額とは?

wedding
CAREER

将来的に結婚願望のある女性なら結婚資金の平均額について、一度は考えたり関心のあるテーマではないでしょうか?専業主婦の比率がどんどん減少している現代では、パートナーができてからの貯金ではもはや手遅れかもしれません。というのも、そもそも男性の平均年収額は年々低下しており、結婚資金のすべてをパートナー任せにできるカップルは少ない傾向に。もしあなたが結婚願望を持ち、憧れのウェディングプランをお持ちなら、必要な金額の目安や平均的な貯金額を知ることはとても大切な事になります。

結婚に必要となる費用について

結納~婚約~ウエディング~披露宴~ハネムーン、そして新居への引っ越し代金まで、これらをすべて含めた合計金額が概算で平均500万円前後と考えられています。あわせて男女に関係なくパートナーの出身地や居住地によって、結婚資金の平均額相場はご当地ごとに異なり、何となく暗黙の相場があるそうです。一例として、北海道では会費制のウエディングが比較的多く、結婚資金の合計額が他県に比べコストダウンできるということに。

それではここで将来的に結婚願望のある人の平均貯金額について考えてみましょう。首都圏の平均的な貯金額として、男性が270万円前後、女性が260万円前後という金額になります。この貯金額を聞いて、特に20代女性のあなたはどのように感じられたでしょうか?「結婚資金ってこんなに必要なの?」というのが正直な感想ですね。例えば20代前半で急に結婚が決まった場合、もしかすると経済的な理由で悩んだりパートナーと意見が合わないという状況にも。ある時、不意打ちのようにプロポーズされることになっても二人あわせてある程度の貯金額があれば、不安を感じることもないでしょう。

「近い将来、彼からプロポーズされたらどうしよう?結婚資金の平均額なんてとてもじゃないけど追いつかないわ!」このように感じたあなたなら来月からのお金の使い方にも変化が必要です。若いころのように毎月お給料が入ってすぐの1週間で、給与の半分近くを洋服代や友人との飲み会代に消費しているようでは幸せなウエディングも遠のいてしまうかもしれません。毎月4万円の貯金であれば、5年で約250万円弱、3年で約150万円弱の貯金が可能。今からでも大丈夫。もちろんパートナーが稼げるタイプであれば話は変わってきますが。

余った貯金は結婚後の自由に使えるお金にもできますし、計画的に貯金をすることにこしたことはありません。ただし、素敵なパートナーと出会っても、早い段階から自分の貯金額をオープンにするのは多少のリスクがあると思います。結婚を焦るあまり彼からお金をアテにされないように。やはり男女ともにお金の話は現実的でセンシティブなのです。

とはいえ、結婚自体はいつでもできるものであり、本来お金をかけなければいけないという定義はないはず。本人達が幸せであればオーケー。ジミ婚と言われてしまえばそれまでですが、男女ともにこだわりや世間体もなくなってきた若い世代だからこその結婚観も確率されてきた今、2人の幸せとはなにか、どうするのが心地いいかが一番大切だと思います。

lovinpress編集部

1,667 views

LOVIN PRESS【ラヴィンプレス】を運営しています。毎日の生活での美しいこと、楽しいこと、キレイになる事の情報を日々更新しています♡

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。