• HOME
  • BLOG
  • FOOD
  • 最高級エシレバターを使った『gelato pique cafe creperie(ジェラートピケカフェクレープリー)』

最高級エシレバターを使った『gelato pique cafe creperie(ジェラートピケカフェクレープリー)』

FOOD

「大人」も楽しめる本格派のフレンチクレープを気軽に食べられるショップがコンセプト。関西で『gelato pique cafe creperie(ジェラートピケ カフェ クレープリー)』のテイクアウト専門のショップは今のところ心斎橋OPA(オーパ)店かなんばマルイ店のみ。何気に食べれるのが貴重なクレープをなんばマルイ店で食べてみました。

エシレバターとは?

エシレバターは、優れた乳製品の産地として知られるフランス中西部・エシレ村で生産されるクリーミーな口あたりと、芳醇な香りが特長の発酵バター。発酵バターはクリームを乳酸発酵させてからつくるバターで、ヨーグルトのような軽い酸味があり香り高いのが特長。エシレ酪農協同組合は1894年からバター作りをはじめ、代々伝わる乳酸菌を大事に使いながら、昔ながらの製法で変わらぬ味を守り続けています。

フランスの老舗ブランドの最高級エシレバターを使ったクレープです。

メニューもシンプル

オリジナルのミックスフラワーとエシレバターを贅沢に使い、表面はサクサク、中はもっちりとした素材本来の味を楽しめるフレンチバタークレープ。メニューは各ショップごとにバラバラで、定期的に期間限定のクレープやフェアを開催しているのですが、なんばマルイ店ではエシレバターを使ったベーシックなクレープは4種類のみ。

エシレ村産バターとお砂糖のクレープ(¥520) / エシレ村産バターとピスタチオのクレープ(¥590) / エシレ村産バターとチョコバナナのクレープ(¥630)  / エシレ村産バターとカスタードのクレープ(¥630)。

今回はピスタチオのクレープをチョイス。お好みでジェラートアイスをトッピングで付けることもできます。ほかにパストラミビーフとほうれん草のサレクレープなどの軽食用クレープもありました。

クレープを作る工程はガラス越しに見ることができ、焼き立ての薄いクレープ生地の上に塗り込むように。のせた瞬間にバターが溶けていく様子やお砂糖をまぶす様子も見れます。インスタグラム用のフォトスペースもありました♡

テイクアウト専門なので、クレープを食べる場所に困ってしまうのですが、なんばマルイでは2Fにフリースペースが設けられていて、ソファでゆったりとクレープ&ラテを食べることができました。お砂糖のザラザラ感とクレープ生地の食感が新鮮。表面はサクサク、中はモチモチでした。もう1枚食べれる?!っていう感じなのですが、ちょっと物足りないかなという感じがちょうどいいと思います。

『gelato pique(ジェラートピケ)』は、もこもこ素材のルームウェアを販売しているアパレルブランド。なんばマルイではお隣にショップも併設しているので、一緒にお買い物も楽しめます。『gelato pique(ジェラートピケ)』のブランドカラーでもある薄い水色のソフトクリームも気になりました。暖かくなったらトライしてみたいですね。

| gelato pique cafe creperie / ジェラートピケカフェクレープリー なんばマルイ店 

住所:〒542-00768 大阪府大阪市中央区難波3-8-9 なんばマルイ1F / TEL:06-7633-7899 / 営業時間:11:00~21:00

公式ウェブサイト:GELATO PIQUE CAFE

lovinpress編集部

1,667 views

LOVIN PRESS【ラヴィンプレス】を運営しています。毎日の生活での美しいこと、楽しいこと、キレイになる事の情報を日々更新しています♡

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。