• HOME
  • BLOG
  • BEAUTY
  • 老化はケイ素不足だった?!シリカ高配合の珪素(ケイソ)濃縮溶液で細胞から若く美しく

老化はケイ素不足だった?!シリカ高配合の珪素(ケイソ)濃縮溶液で細胞から若く美しく

BEAUTY

珪素(ケイ素)は身体の組織を構成するうえで欠かせない成分の一つで、いつも食べている食品や水道水の中に含まれています。体内の珪素は、20歳をさかいに徐々に減少してきていき、珪素が不足すると結合組織が弱くなりお肌のシワやたるみ、髪が抜けやすく切れたりパサパサ、爪は何もしていないのにもろく弱い…といった老化現象を引き起こしかねません。

珪素は、人体に不可欠なミネラルのひとつなのですが、普通の生活では摂取量に限りがあり年齢とともに不足してきます。髪や爪をはじめ、肉体を構成する成分であるミネラルを効率よく補うことで、色々な効果が実感できると言われています。

皆さまは「第3の目(ホルスの目)」という言葉をご存知でしょうか?
これは脳の中心部分に存在する「松果体」と呼ばれる器官であるとされています。「松果体」は古代より、身体の各内分泌腺に相当するエネルギーセンター(チャクラ)としての役割を担っていると言われてきました。ホルモン分泌の正常化や、交感神経と副交感神経のバランス、細胞の活性化、またこれらの働きが人体の健康だけにとどまらず精神面にも大きな影響を与えていて、精神面へ影響と深い関わりがある重要な器官であると言われています。水晶(ケイ素)は、この松果体を本来の働きに戻す作用があり、第3の目を活性化する事ができると注目を集めています。

具体的な効果としては、

・血液をサラサラにする
・活性酸素を除去し、様々な老化現象を止める
・アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患に効果的
・偏頭痛、腰痛、肩こりを抑える
・髪や爪、骨などを丈夫にする
・脳血栓、脳梗塞、心筋梗塞を防ぐ
・ガンの発生を防ぐ

ほかにもさまざまな効果が期待できる天然のミネラルとして注目されています。人体への影響だけでなく、美容効果、ペットや魚、植物などにも良い影響を与えるようです。わたしは、もともとサプリメント嫌いだったのですが、ケイ素の効果・効能を知り、ケイ素(シリカ)だけは取り入れようと決めています。具体的な効果を直後に感じるというよりは、続けてみて結果的に良くなったという感じになりそうですが、天然成分ですので即効性は期待せずじっくりコツコツと効果を実感できればいいかなと思っています。市販されているほとんどの珪素(シリカ)は、無色透明で味もなく飲みやすいのが続けていける理由の一つでもあります。

ケイ素の秘められたパワー

ケイ素の主な役割としては、組織と組織をつなぎとめるコラーゲンの束の強度を強くする、いわゆる接着剤としての役割を担っています。コラーゲンといえば美肌やアンチエイジングに欠かせない成分。身体の中から減少しつつある、ケイ素を積極的に補うことで内側から美肌や健康を助けてくれる重要な要素となります。ケイ素はまだコラーゲンほど知られてはいませんが、その美容効果は研究でも明らかになっていて、医学的知見からも実証されてきています。

ケイ素を摂取するメリット・効果

ケイ素の別名はシリカと呼ばれていて、最近ではミネラルウォーターやサプリメント食品にシリカが配合されていて気軽に摂取できるようになっています。接着剤のようにお肌のすきまをうめてくれるケイ素は、ふっくらと弾力のある、美肌へと導いてくれる働きがあるのです。また、美肌だけではなく、身体の末端組織、爪や髪・肌への効果はすぐに感じられるのではないでしょうか。ケイ素を積極的にとることで以下のようなメリットが期待できます。

【髪の毛】
・頭皮が若々しくなる
・つやとコシのある抜けにくい髪に
・毛根まで栄養素を届ける

【お肌】
・コラーゲンの再生と補強
・お肌にハリと潤いを与えアンチエイジング効果

【爪】
・丈夫で割れにくくなる
・つやのある爪になる

【歯】
・歯のエナメル質を強化し、丈夫な歯、歯茎になる
・虫歯になりにくくなり、口臭の改善

まだまだ一般的にポピュラーではないと思いますが、身体への影響は絶大ではないかと言われているケイ素。いろいろなサプリメントを試されてきた方にもぜひ検討していただきたいと思います。もちろん、即効性はありませんので継続して摂取することは大切です。副作用はなく、多くとりすぎてしまったケイ素は尿として排出されます。

数々のブログや専門書で紹介されていて、ケイ素が美容・美肌にとってとても重要な要素の一つであることがわかってきました。こんなにも美容にとって必要不可欠なケイ素ですが、現代人は不足していると言われています。ケイ素は、一定の年齢を過ぎると体内で生成ができないので、意識的に食事や栄養補助食品から摂取する必要があります。では、日常生活でどのように「ケイ素」を取り入れれば良いのかご紹介します。

ケイ素を多く含む食品

ケイ素は、土や水、植物などの自然界に存在するミネラルです。普段無意識に食べている食品からも摂取しているのですが、よりケイ素を多く摂取できる食品群がわかってきています。

【雑穀類】
現代人が摂取しなくなったもみ殻(大麦・キビ・玄米)に多く含まれます。

【海草類】
のり・ワカメ・昆布といった海草類にケイ素が多く含まれています。

【水】
通常の水道水にも含まれてはいるのですが、ケイ素を最も効率よく摂れるのは【ミネラルウォーター(高ケイ素水)】と言われています。天然水にケイ素が溶け込んでいる状態なので、体内の吸収率が良いことは実験から立証されています。

効率よく摂取するなら高純度珪素(ケイソ)濃縮溶液

そんな今、注目を集めていて、珪素を効率よく摂取することができる珪素(ケイ素)高純度濃縮液。

ご紹介した食品から毎日継続して摂るのは少し大変かと思いますが、珪素(ケイ素)を高配合した濃縮溶液なら普段のお水、お茶、コーヒーに入れるだけ。手軽にケイ素を取り入れることができます。即効性はないかもしれませんが、お肌をはじめとし、細胞すべてを活性化してくれるケイ素は身体に良い変化をもたらしてくれるはずです。ケイ素はもともと体内にある必須ミネラルですが、年齢と共に減少してしまうケイ素を補うのは、食事や補助食品から意識的に摂り入れることが効果的です。身体の末端組織の爪や髪、肌への効果は比較的早く感じられるのではないでしょうか。内側からのケアで細胞から健康的にエイジングケアしましょう。

【送料無料】【シリカ】驚きの高濃度!5,660mg/ℓ★シリカエナジー濃縮溶液☆独自製法のナノコロイド化で高い吸収率を実現!【水溶性シリカ】

lovinpress編集部

4,986 views

BEAUTY / TRAVEL / LIFSTYLE のワクワクすること、美しいモノをお伝えする大人ガールのためのウェブマガジンLOVIN PRESS【ラヴ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。