今リフトアップに人気のハイフ(HIFU)の効果や種類を比較!東京で受けられる最新ハイフ”美容クリニック”

今リフトアップに人気のハイフ(HIFU)の効果や種類を比較!東京で受けられる最新ハイフ"美容クリニック"ランキング!美容・健康
今リフトアップに人気のハイフ(HIFU)の効果や種類を比較!東京で受けられる最新ハイフ"美容クリニック"ランキング!

ハイフ(HIFU)ってなに?

今たるみやリフトアップに人気の施術ハイフ(HIFU)。ハイフとは、高密度焦点式超音波を意味する「High lntensity Focused Ultrasound」ので「HIFUと呼ばれています。 元々は医療現場(主に前立腺ガンの治療など)で使われており、美容医療用に開発された医療用マシンのこと。

ハイフ(HIFU)でリフトアップする仕組み

皮膚は層にわかれているのですが、表皮と真皮、さらに肌の表面から約4.5mmの深さにある筋肉の層「SMAS層」という層にマシンを当てダイレクトにアプローチ。例えば、虫眼鏡で太陽光を集めて紙を燃やすように超音波で発生した熱を1点集中させ、肌の奥深くの筋肉層に届けることで肌の奥からリフトアップを促します。SMAS層は皮膚の最も深い箇所にあるため、これまで手術でしか治療ができませんでしたが、ハイフ(HIFU)は密度の高い熱エネルギーをSMAS層にピンポイントで与えるため、マシン治療だけで手術級の強力リフトアップが可能になりました。

上記の原理を使い、高密度焦点式超音波のテクノロジーにより、肌の内部(真皮・SMAS層・皮下組織や脂肪層)に超音波エネルギーを与え、点状の無数の熱凝固を発生させることでたるんだ筋肉の活性化、コラーゲン生成を促進させ、たるみを改善し肌の若さを取り戻す治療。メスを使っての肌を切ったり傷つけることに抵抗がある方も多いなか、“切らないリフトアップ治療”と呼ばれているのが「ハイフ」なのです

ハイフ(HIFU)照射時の断面図
ハイフ(HIFU)照射時の断面図

ハイフ(HIFU)には、たるみ・リフトアップ効果と同じく、痩身(痩せる)効果もありますので、身体への施術も人気です。施術で破壊された脂肪が血中に流れ込み、肝臓で分解され尿と一緒に排出されていきます。顔の脂肪をとりスッキリ小顔になる効果が期待できますので、ダイエットや痩身目的で顔に施術される方やもちろん身体への照射も効果的です。

エステと美容クリニックで効果が違う?

エステでも取り入れられていて人気のハイフ(HIFU)ですが、一度でしっかり効果を出したいのであればやはり美容医療クリニックの施術を受けるべき。取り扱っているマシンの種類やパワーがぜんぜん違いますので、多少金額が高くてもクリニックでの施術がおすすめ。事前の医師による診察やカウンセリングで質問もしっかりできますし、万が一肌トラブルなどがあった時のケアもしっかりと対応してくれます。

ハイフ(HIFU)にはどんな種類があるの?

ハイフ(HIFU)の歴史は長く、今までのハイフ(HIFU)は欧米人用に作られたものだったのですが、最新のハイフ(HIFU)は”スーパーハイフ“と呼ばれていて、従来とは一線を画した日本人の肌のリフトアップと若返りを実感できるマシンも。一回でより効果を実感したいなら最新マシンでの施術を選ぶべき。

とはいえ、旧世代と言われるウルセラ、ダブロ、ウルトラフォーマー、スマートソニックなども効果が全くない訳ではなく、美容医療クリニックの施術としてたるみ・リフトアップ効果があります。同じリフトアップ治療のサーマクールなどの施術に比べると料金もお手頃になってきています。1度で効果が実感できるリフトアップ治療としての地位を築きつつあるハイフ(HIFU)です。

ハイフ(HIFU)の痛みやダウンタイムは?

旧世代のマシンであれば、照射直後から筋肉痛を感じるようです。ただそれは肌の奥の筋肉層に確実に効いている証拠。強い照射を選ばなければ大丈夫ですし、施術後からすぐにメイクもでき、赤みや腫れたりの外見でのダウンタイムはありません。次の日から会社にバレずに行ける手軽さも魅力の一つです。ただ、妊娠中の方や顔に金の糸やプレートの挿入、ヒアルロン酸注入をしている場合にはクリニックによっては、受けられなかったり照射の範囲が限られる可能性あります。ご状況にもよりますので必ず診察時にご申告・ご相談ください。

ハイフ(HIFU)の効果や、どのくらいリフトアップが持続するの?

一度の施術で、照射直後からはっきり効果が感じられるのもハイフ(HIFU)が人気の理由。リフトアップ効果(たるみの引き上がり)は施術直後から、コラーゲン増生による肌のハリ感は数日から1~3週間後に出始めます。個人差がありますが、2~3ヵ月で効果のピークを迎え、6ヵ月~1年程度持続します。今までのレーザー治療だと2~3ヶ月ごとに定期的に受けなければいけませんでしたが、ハイフ(HIFU)であれば、半年に1度のメンテナンスで大丈夫。まさに夢のような次世代マシンなのです。今後は、たるみやリフトアップ治療はメスを使わずにエステ感覚で通うスタイルになるのではないでしょうか。少しハードルが高いと感じる方も気軽にクリニックのカウンセリングを受けてみるべき。

ハイフ(HIFU)施術のまとめ

ハイフ(HIFU)は肌の奥のSMAS層が受けた熱ダメージを治癒しようとコラーゲンの生成が促進されることで皮膚の弾力が増し、リフトアップも期待できます。40代・50代から徐々に感じられる、たるみやリフトアップのちょっとした悩みをなかったことにしてくれる治療なのです。もちろん30代のまだまだ若い細胞のうちから”予防”という意味で施術をされている方も。 加齢による根本的な肌の悩みは高価な化粧品やセルフメンテナンスではどうしてもカバーできない時も。躊躇される方も多いかもしれませんが、これからは最先端の美容医療クリニックのパワフルな施術をお試しください。

そんなたるみ・リフトアップに効くハイフ(HIFU)の施術を受けられる美容クリニックはクーポンサイトからがお得◎!

↓↓↓

東京美容外科 ソノクイーンHIFU

東京美容外科ではソノクイーンと言うマシンを使用。
ソノクイーンとは、今注目のHIFU(高密度焦点式超音波)のエネルギーを真皮やSMAS層に照射することによって、皮膚表面は傷付けずに、顔のたるみやシワを改善できる治療機器です。

1回でも効果が実感できる方もおりますが(個人差はあります)施術後から3カ月程度コラーゲが生成され続け、その後6カ月程度その効果が持続しますので、6ヶ月おきの治療がおすすめです。

もとび美容クリニック

新宿から駅近◎!もとび美容外科クリニックは、症例経験も多く丁寧な院長が施術してくれます。第1世代のウルセラ、ダブロ、第2世代はEVOと次々と新しいハイフ(HIFU)が登場しましたが、より進化した第3世代のハイフと言われる、スマートソニックを使用しています。1度でしっかり効果を感じたいなら「もとび美容外科クリニック」へ!

美容・健康
PROFILE
この記事を書いた人
ラヴィン♡

Eコマース/美容/インフルエンサーPRのお仕事を経て、美容クリニックで働いています。

令和時代を迎えこれからの働き方である、会社員・もしくは派遣社員として社会保険に加入しながら、副業として事業や起業をし、女性でもライフスタイルに縛られない生き方で働くのが理想です。起業やビジネスに役立つ情報も発信しています。

ラヴィン♡をフォローする
ラヴィン♡をフォローする
LOVIN PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました